iPhone/iPadのアプリ開発

アプリケーションの開発 Objective C

iPhone/iPadのアプリケーションの開発はマックのマシンを利用して、専用の開発環境xCODE上で、専用の間発言語オブジェクティブC(Objective C)で開発します。Objective C はその名のとおり、オブジェクト指向の開発言語です。
アプリケーションはWEBサイトよりアプリケーションソフトウェアをダウンロードすると、その後は、iPhone/iPadで動作します。必要に応じて、サーバーに接続して、必要なデータなどを持ってくることもできますので、操作性のよい、目的にあった効率的なソフトウェアの開発が可能です。

アプリケーションの開発 HTML5

iPhone/iPadのアプリケーションの開発をHTML言語中心に開発することができます。HTMLといってもHTML5という次世代のHTML言語です。これにJavaScriptを組み合わせて開発します。現在、スマートフォンのブラウザはほぼHTML5の機能をカバーしているため、簡易なアプリケーションであれば、効率的な開発ができます。

WEBサイトの開発

iPhone/iPadのWEBサイトの開発は通常のPCの開発と同じです。おもにPHP、またはJavaで開発します。iPhone/iPadに合わせた、大きさで見やすい、操作がしやすい設計ができます。